「Kraken(クラーケン)って世界でも有名な取引所みたいだけど実際のところどうなんだろう?」

あなたは今こうお考えではないですか?

確かに、最近日本に進出した取引所で情報が少なくよくわからない部分が多いと思います。

この記事ではcoinpartner(コインパートナー)がKrakenの特徴やメリット、登録方法から使い方まで詳しく解説していきます!

この記事を読めばKrakenについて詳しい情報がわかりすぐに取引を開始することができます!

Krakenを簡単に説明すると

  • 日本でとうとう営業再開!
  • 世界規模で有名な人気取引所
  • ユーザー数が多く流動性もかなり高い
  • セキュリティもトップレベル

世界でも人気の取引所!

Kraken (クラーケン)とは

基本情報

運営会社 Payward Asia株式会社
所在地

〒102-0084
東京都千代田区2番丁9-3

公式ホームページ
代表取締役社長 千野剛司
取扱通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

は2011年にカリフォルニアで開始された老舗取引所です。

2020年9月に金融庁に認められ日本にも進出しました。

全世界で400万人以上のユーザー数をほこり、24時間取引高では世界第12位にランクインするなど世界的にも大人気の取引所です。

また、ビットコインの神様とよばれるロジャーバーがKrakenで100万ドル以上の投資をおこなっており、株主となっていることでも有名です。

日本での営業再開

Krakenは2020年9月18日にとうとう日本に進出しました!

以前も日本で営業していましたが金融庁から警告を受け2018年にサービスを終了しており、2年ぶりの再会となりました。

日本向けのサービスではBTC・BCH・ETH・LTC・XRPの5種類を取り扱いますが、グローバルで提供している他の暗号資産も追加できるように対応していくと発表しています。

まだ営業を開始したばかりですが、今後の成長が期待されます。

Kraken (クラーケン)のメリット

ここからはKraken(クラーケン)の3つのメリットについて解説していきます!

Krakenのメリット

  • 取引所ランキング世界第3位
  • 強固なセキュリティ対策
  • 流動性が高くスムーズな取引

取引所ランキング世界第3位

Krakenは取引所総合ランキングで世界第3位にランクインしています!

総合力が高く、設立以来サイバー攻撃などの被害に合うこともなく老舗取引所として長年の安定と信頼をほこります。

日本向けサービスは展開したばかりですが、今後利用者数がさらに増えサービスも更に向上していくことが予想されます。

セキュリティが強固

Krakenは取引所のセキュリティランキングでも世界第3位にランクインしています。

オンラインから断絶し、オフラインでコインを管理するコールドウォレット機能によるハッカー防止対策や、アカウント利用の際の二段階認証など他にも多くのセキュリティ対策を行っています。

今まで一度もサイバー攻撃の被害にあったこともなく、かなり信頼がおけますね。

取引量が多く流動性が高い

Krakenはユーザー数が400万人以上とかなり多いので、従って取引量もかなり多くなります。

24時間取引高では世界第12位にランクインし、流動性が非常に高い取引所となっています。

流動性が高いことで、安定した価格で希望通りの取引をすることができます!

Kraken (クラーケン)のデメリット

ここからはKraken(クラーケン)の2つのデメリットについて解説していきます。

Krakenのデメリット

  • 口座開設に時間がかかる
  • 日本での取扱通貨は少ない

口座開設に時間がかかる

Krakenでは口座開設に個人アカウントの場合は2~7日ビジネスアカウントの場合は3~7日かかります。

他の取引所と比べると少々長いと感じるかもしれませんが、Krakenのセキュリティ管理が徹底しているからこそ時間がかかってしまうのでしょうがないでしょう。

日本での取扱仮想通貨が少ない

Krakenはグローバル展開しているサービスでは現在50種類もの取扱通貨をそろえています。

しかし、日本向けのサービスでは取扱通貨はBTC・BCH・ETH・LTC・XRPの5種類のみの取り扱いとなっています。

グローバル展開しているサービスを想像していると少ないように思うかもしれませんが、日本向けサービスでも取扱通貨を追加できるように対応していくと発表がありました。

取扱通貨はまだ少ないですが今後さらに種類が豊富になることが予想されます!

Kraken (クラーケン)の口コミ・評判

ここからはKraken(クラーケン)のリアルな口コミを紹介していきたいと思います。

セキュリティがかなり高い

Twitterでもセキュリティが高いという声が多く見受けられました。

長年の運営の中で一度もサイバー攻撃の被害にあったことがなく、様々なセキュリティ対策を行っているKrakenだからこその評価だと言えます。

規模をさらに拡大

Krakenは2019年にはイギリスの取引所Crypto Facilitiesを買収し2020年には初の銀行化承認を受けるなどその規模を今もなお拡大しています。

また、今後は日本向けアカウントでもグローバ展開しているものと同様のサービスが受けられるようになることが見込まれます。

つまり、Krakenのサービス向上は確実といえますね。

ぜひこの機会に登録してみることをおすすめします!

以前のアカウントは使えない

Krakenは以前も日本でサービスを展開していましたが、金融庁の警告を受け2018年にサービスを終了しています。

2020年に日本での復活を果たしましたが、2018年以前に使っていたアカウントは使うことができないので注意が必要です。

また、今回は金融庁に認められてから日本でのサービスを始めたので前回のように撤退するということはないでしょう。

Kraken (クラーケン)の手数料

ここからはKrakenの手数料について解説していきます。

入金手数料

通貨種類 入金手数料 最小入金額
日本円 無料 1000 JPY
BTC(XBT) 0.0001 BTC(XBT)
BCH 0.0001 BCH
LTC 0.01 LTC
XRP 25 XRP
ETH

Krakenウォレットへの入金のための少額手数料

0.05 ETH

入金手数料は以上の通りです。

入金手数料は基本的に無料となっています。

取引手数料

30日間の手数料 メイカー テイカー
$0 – $50,000 相当 0.16% 0.26%
$50,001 – $100,000 相当 0.14% 0.24%
$100,001 – $250,000 相当 0.12% 0.22%
$250,001 – $500,000 相当 0.10% 0.20%
$500,001 – $1,000,000 相当 0.08% 0.18%
$1,000,001 – $2,500,000 相当 0.06% 0.16%
$2,500,001 – $5,000,000 相当 0.04% 0.14%
$5,000,001 – $10,000,000 相当 0.02% 0.12%
$10,000,000+ 相当以上 0.00% 0.10%

取引手数料は以上の通りです。

過去30日間の取引量によって異なります。

出金手数料

通貨種類 出金手数料 最小入金額
日本円 250 JPY 1000 JPY
BTC(XBT) 0.0005 BTC(XBT) 0.005 BTC(XBT)
BCH 0.0001 BCH 0,001 BCH
LTC 0.001 LTC 0.01 LTC
XRP 0.02 XRP 25 XRP
ETH 0.005 ETH 0.01 ETH

出金手数料は以上の通りです。

通貨ごとに出金手数料は異なります。

入金手数料も出金手数料も最低取引額が設定されているので注意しましょう。

Kraken (クラーケン)の取扱通貨

Kraken(クラーケン)の日本向けサービスでは現在、以下の5種類を取り扱っています。

  • BTC
  • BCH
  • ETH
  • LTC
  • XRP

一方、グローバル展開しているサービスでは50種類もの通貨を取り扱っています。

日本向けサービスの方でも同様の通貨を取り扱えるように対応していくとの発表がありましたので、今後も種類が増えることが期待されます。

Kraken (クラーケン)の登録・口座開設方法

ここからはKraken(クラーケン)の登録・口座開設方法を紹介していきます。

まずはKrakenの公式HPにアクセスしてください。

Kraken公式HPにアクセスしてください。

利用開始またはアカウント登録をクリックしてください。

すると、上画像のような画面に移動します。

メールアドレスやユーザー名など必要事項を記入しアカウント登録をしてください。

すると、上画像のような画面に移動します。

その後、Krakenから先ほど登録したメールアドレスにメールが届きます。

メールに書かれた確認コードを赤枠内に入力、またはメールに送られてきたリンクをクリックしてください。

以上で口座開設・登録は完了です!

Kraken (クラーケン)の入金・出金・取引方法

ここからはKraken(クラーケン)の使い方を入出金方法と取引方法に分けて解説していきます!

まずは公式HPから自分のアカウントにログインしてください。

Kraken (クラーケン) の入金・出金方法

ログインすると上画像のような画面になります。

赤枠にある入出金をクリックしてください。

すると上画像のような画面に移動します。

赤枠内から通貨を選択し、その横にある入金または出金をクリックします。

画面の指示に従うと入金・出金することができます。

Kraken (クラーケン) の取引方法

まずは公式HPから自分のアカウントにログインしてください。

赤枠にある取引をクリックしてください。

すると上画像のような画面に移動します。

赤枠内の注文情報を入力して注文します。

以上で取引は完了です!

Kraken (クラーケン)に関するQ&A

ここからはKraken(クラーケン)に関する疑問についてお答えしていきます。

2018年以前のアカウントは使えるの?

Krakenは2014~2018年にも日本でサービスを展開していました。

2020年にサービスを再開させましたが、2018年以前に登録したアカウントは使えないので新しく登録する必要があります。

アカウント承認する際に必要なものは?

アカウント承認に必要な書類は身分証明書と補完書類の2点です。

身分証明書に該当するものは以下のものです。

  • パスポート
  • 運転免許証(表面と裏面)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • 在留カード、もしくは特別永住者証明書

補完書類に該当する者は以下のものです。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書 
  • 社会保険料の領収書
  • 国税または地方税の領収書・納税証明書

請求書は対象外ですのでご注意ください。

認証にはどれくらい時間がかかる?

個人アカウントの認証には、2~7日ほどかかります。

アカウント承認の際に提出された書類などを確認するため時間がかかってしまいます。

その日のうちにすぐ取引が開始できるわけではないので注意しましょう。

Kraken (クラーケン)まとめ

Krakenまとめ

  • 日本に再進出した世界でも人気の取引所
  • セキュリティの高さは世界トップレベル
  • 長年の安定した運営
  • 流動性の高いスムーズな取引
  • 今後も更にサービス向上が期待できる!

この記事ではKraken(クラーケン)のメリットやデメリット口座開設方法から利用方法まで説明しました。

2020年の秋に日本での営業を再開したばかりで、情報が少なく不安に思う部分もあるかと思いますが世界でもトップレベルの人気取引所です!

ぜひこの機会にKrakenに登録してみてはいかがでしょうか。