この記事の結論

  • イーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)が1番のおすすめ銘柄!
  • その他本当に有望な仮想通貨はでのみ取引可能!
  • 将来有望な仮想通貨を国内で買うなら手数料が1番安いGMOコインがおすすめ!

今回ご紹介する銘柄の多くは海外取引所で取り扱っているため、国内からの送金が必要です。GMOコインは仮想通貨の送金手数料が無料です。長い目で見てGMOコインで仮想通貨投資を行うことをおすすめします。

最短5分

仮想通貨おすすめ銘柄ランキング2021年完全版

こちらはCoinPartnerのトレーダー30人が500種以上の通貨について調べ上げ議論した「2021年最注目銘柄ランキング 」です!

このランキングは

  • 流動性:アドレス数・TOP100の保有率などから算出
  • ブロックチェーン技術:コンセンサスアルゴリズムや暗号アルゴリズムなどから算出
  • 将来性:競合、市場規模などから算出
  • 開発力:開発団体、開発陣の経歴、Githubスターなどから算出
  • スキーム:国内上場が可能か、法的に問題点がないかなどから算出

上記5項目を総合的に評価し、各20点の合計100点満点で採点しています。全500通貨の総合点数は通貨一覧ページでご覧いただけます。
※当ランキングは必ず当たることを保障したものではありません。あくまで投資は自己責任でお願いします。点数が同率のものに関しては、弊社分析チームの議論のもと順位を決定しております。

1位:ETH(イーサリアム)

イーサリアム(ETH)の特徴

ETHはこんな人にオススメ!

  • 将来性の高い仮想通貨を今すぐ手に入れたい人
  • NFTやDeFiに期待している人
  • 仮想通貨ブームに乗り遅れたくない人

栄えある第一位に輝いたのは、ETH(イーサリアム)です!

イーサリアムは、スマートコントラクト技術によって金融業界を非中央集権化させることを目指す、プラットフォームです。
すでに数百種類以上のDeFiプロジェクトがイーサリアム上に構築されており、ETHはそれらの基軸通貨として用いられています。

仮想通貨といえばまず「ビットコイン」を思い浮かべるかもしれません。ETHとBTCの機能は全く異なりますが、今後「イーサリアム」も仮想通貨・ブロックチェーンブームを牽引するだろうとCoinPartnerは予想しています

2021年に開発6周年を迎えたイーサリアムですが、実は未だに多くの課題を抱えています
ですが、複数の大型アップデートを実施することで、イーサリアムの抱える課題を解消していくことが発表されています。実際、2021年8月に行われた大型アップデート「ロンドンフォーク」後には、価格が急騰し話題を集めました。


この記事をご覧になっている方の中には、
仮想通貨ブームに乗り遅れたなぁ……
と感じてしまっている人もいると思います。

安心してください、ETHの価格はまだまだ上昇する可能性が高いです!

是非これを機にETHへの投資をご検討されてみてはいかがでしょうか。

イーサリアム(ETH)の年内価格予想

イーサリアムの価格が上昇する確率は、仮想通貨全体でも高いと言えます。予想されるリターンではBTCを上回るため、今回のランキングでは1位となりました。

価格は 2021年1月から10月時点までの間ですでに6倍ほど上昇しており、その人気は今後も安定して継続するでしょう。

イーサリアムが特に今年成長を遂げると思われる理由は 仮想通貨市場に対するビットコインの影響力が低下していく中で ビットコインにかわる基軸通貨となり得るためです。

2021年以降には多くのビットコイン投資家がDeFi市場に参入するなど、今後もより多くの資産がイーサリアムに流入するでしょう。

ETH購入におすすめの取引所

ETH購入におすすめの取引所は「GMOコイン」です。

GMOコインは以下の通り、信頼性も取扱通貨数も、サービスの豊富さも国内トップレベルです!

  • 各種手数料(取引・入出金・送金)が無料
  • 取り扱い通貨数は14種類
  • 運営会社の信頼度が高い
  • 口座開設は最短10分!

最短即日

2位:BTC(ビットコイン)

ビットコイン(BTC)の基本情報

BTCはこんな人にオススメ!

  • 仮想通貨をこれから始める人
  • 手堅く利益を出したい人
  • 有名な銘柄に投資したい人

BTC(ビットコイン)は2009年に発表された、世界初のブロックチェーンを基盤に作られた仮想通貨です。

「仮想通貨=ビットコイン」と誤解されている人も多いですが、これは間違いです。
例えば法定通貨というカテゴリーに日本円や米ドルがあるように、ビットコインも数多くある仮想通貨の1つにすぎません。

ビットコインが将来性を期待されている理由には、

  1. 発行量が限られており、希少性が高い
  2. 世界の共通通貨になる可能性がある
  3. 金(ゴールド)に代わる「財産の保存手段」となり得る
  4. 1部の国で法定通貨になったり大企業が投資している


などが挙げられます。

2021年にはエルサルバドル共和国が、世界で初めてビットコインを法定通貨として定るなど、今後も仮想通貨全体の知名度上昇を牽引していくでしょう。

個人投資家にとっては、高値掴みを避けるためにもなるべく早い段階からのビットコイン積立投資がおすすめです。

↓BTCの詳細はこちらから↓

BTCの年内価格予想

 

BTCの時価総額は、仮想通貨全体で見てもダントツ一位です。そのため、予想されるリターン自体は大きくありません。

しかし、ビットコインは資産逃避先として、もしくは決済通貨として使用されていく可能性が非常に高く、それに伴い価格が上がる確率も高いです。

BTCの価格は2021年1月から10月時点までの間に2倍近く上昇しており、今後も安定して価値を高めていくでしょう。

BTC購入におすすめの取引所

ビットコイン(BTC)購入におすすめの取引所は「GMOコイン」です!

イーサリアム購入におすすめの取引所でも紹介したGMOコインですが、ビットコインの購入にもおすすめです!

  • 各種手数料(取引・入出金・送金)が無料
  • 取り扱い通貨数は14種類
  • 運営会社の信頼度が高い
  • 口座開設の審査完了まで最短10分

最短即日

3位:UNI(ユニスワップ)

UNIの基本情報(2021年9月時点)

通貨名(通貨単位) Uni Swap(UNI)
時価総額 約2兆円(第11位)
1日あたりの取引量 約350億円
1UNIの価格 約3300円
購入可能な取引所

UNIはこんな人におすすめ!

  • 将来価値が急上昇する通貨に興味がある人
  • DEXの将来性に価値を見いだせる人
  • ユニークな暗号資産を入手したい人

UNIはイーサリアム上に構築された分散型取引所(DEX)である「UniSwap」の発行する暗号資産です。

Uniswapを始めとするDEXには、中央集権型取引所のCoincheckGMOコインなどと違い、サイトの管理者が存在しません。これはビットコインの誕生と共に発展したブロックチェーン技術によるもので、私達の生活の中に普及していく未来もそう遠くは無いでしょう。

DEX全体でみても、2021年上半期にはとてつもないスピードでユーザー数を獲得し、その中でもUniswapは群を抜く人気を博しています。

実際、Uniswapのアクティブユーザー数は2021年1月の68万人から、9月には260万人まで上昇しています。

Uniswapが人気な理由としては、

  1. 取り扱い通貨数が2000銘柄以上
  2. 分散化による高セキュリテイ
  3. 流動性マイニングによる破格の金利収入


などが挙げられます。

Uniswapユーザー増加に伴い、UNIトークン自体の価格も上昇することが予想されるため、UNIトークン保有は賢い投資戦略だと言えるでしょう。

↓UNIの詳細はこちらから↓

UNIの年内価格予想

2021年9月現在、UNIの時価総額は仮想通貨全体で第11位と、分散型取引所トークンの中ではトップの位置につけています。

そのため、予想されるリターンはそこまで大きく有りません。しかし、分散型取引所を用いた資産運用の投機需要は大きく、その人気を牽引するUNIの価格が上がっていく確率は高いでしょう。

UNI購入におすすめの取引所

binanceのロゴ

UNI購入におすすめの取引所は「Binance」です。

Binanceなら、

  • 取引高世界ナンバーワン
  • 取り扱い通貨数は100種類以上
  • 取引手数料はわずか0.1%
  • 登録は最短5分で完了

4位:BNB(バイナンスコイン)

バイナンスコイン

バイナンスコインの基本情報(2021年9月時点)

通貨名(通貨単位) Binance Coin(BNB)
時価総額 約9兆円(第4位)
1日あたりの取引量 約3000億円
1BNBの価格 約5400円
購入可能な取引所

BNBはこんな人におすすめ

  • バイナンスでの取引を考えてる人
  • バイナンスに将来性を感じる人
  • 取引所トークンに興味がある人

BNBとは、仮想通貨取引所である「Binance」が発行する仮想通貨です。

Binanceは、取引高世界ナンバーワンの仮想通貨取引所になります。その最大手取引所が発行する仮想通貨として、BNBは必然的に注目を集めています。

BNBを保有することにより、

  • 取引手数料が安くなる
  • 新規上場通貨投票に参加できる
  • 基軸通貨として使える


などのメリットを得ることが出来ます。

それに加え、バイナンスはBinance Smart Chain(BSC)という独自のブロックチェーンエコシステムを展開しています。
そのエコシステム内には今回のランキング第5位のPancakeSwapなども含まれており、BNBはそれら全てのDeFiサービス内にて基軸通貨として用いられてます。

↓BNBの詳細はこちらから↓

バイナンスコインの年内価格予想

時価総額が仮想通貨全体で第4位とすでに高いため、予想されるリターンはそれほど高くありません。

しかし、仮想通貨の認知度上昇に比例してバイナンスのユーザー数も増加していくため、BNBの価格が上がる確率は非常に高いでしょう。

また、BNBはその価値を維持するため、四半期ごとにBinanceに買い戻され、その分はバーン(破棄)されます。

このバーンによってBNBの流通量が減少するので、BNBの価値が上昇しやすくなるでしょう
その為価格の乱高下が発生しにくいのも特徴となっています。

BNB購入におすすめの取引所

binanceのロゴ

BNB購入におすすめの取引所は「Binance」です。

Binanceなら、

  • 取引高世界ナンバーワン
  • 取り扱い通貨数は100種類以上
  • 取引手数料はわずか0.1%
  • 登録は最短5分で完了

5位:CAKE(パンケーキスワップ)

CAKEの基本情報(2021年9月時点)

通貨名(通貨単位) Pancake Swap(CAKE)
時価総額 約5600億円(第32位)
1日あたりの取引量 約540億円
購入可能な取引所

CAKEはこんな人にオススメ

  • 新進気鋭の暗号資産に期待する人
  • DEX(分散型取引所)として将来性を感じる人

CAKEは、分散型取引所(DEX)である「Pancake Swap」が発行する仮想通貨です。

PancakeSwapは2020年9月にBinance Smart Chain上でローンチされた比較的新しい分散型取引所ですが、取引高や総ロック数ではUniswapに迫る勢いを見せています。

実際、2021年に入ってからCAKEの価格が27倍に、24時間の取引高が2,000億円を超えるなど、今話題の銘柄です!

CoinTeregrafjapan『』より引用

PancakeSwapのが人気な理由としては、

  • 圧倒的な取引手数料の安さ
  • 流動性マイングによる破格の複利運用
  • 誰でも始められる使いやすさ


などが挙げられます。

PancakeSwapを用いた資産運用は、大口の個人投資家などから定評があり、今後も多大な資産が流入することが予想されるでしょう。それに伴い価格も上昇するため、CAKEは非常に魅力的な投資対象となっています。

↓CAKEの詳細はこちらから↓

パンケーキの年内価格予想

2021年5月のDeFiバブル時1CAKEあたり4700円から、バブル崩壊時1600円に暴落して以降、継続的に価格を上昇させ続けています。

PancakeSwapの格安手数料は多くの投資家から厚い支持を維持しており、今後も価格が上がる確率は高いでしょう。DEX市場の成長度合もまだまだ大きいと期待されているため、予想されるリターンも大きいと予想されます。

CAKE購入におすすめの取引所:Binance

binanceのロゴ

CAKE購入におすすめの取引所は「Binance」です。

Binanceなら、

  • 取引高世界ナンバーワン
  • 取り扱い通貨数は100種類以上
  • 取引手数料はわずか0.1%
  • 登録は最短5分で完了

6位:FTT(FTXトークン)

FTX

FTTの基本情報(2021年9月時点)

通貨名(通貨単位) FTX Token(FTT)
時価総額 約7000億円(第27位)
1日あたりの取引量 約2000億円
購入可能な取引所

FTTはこんな人におすすめ!

  • FTXの利用を考えている人
  • 取引所トークンに興味がある人
  • 堅実に資産運用を行いたい人

FTTとは、大手仮想通貨取引所であるFTXが発行する仮想通貨です。

FTXは仮想通貨デリバティブ取引に定評があり、取引高トップのバイナンスを脅かす存在として注目を集めています。

取引所トークンであるFTTは2021年に入ると、9月現在までには価値を10倍以上にも上昇させました。

FTTには様々な使い道があり、

  • 取引手数料の割引
  • IEOの参加に必要
  • 証拠金としても使える


などが挙げられます。

FTXを頻繁に使う場合、ある程度のFTTを保有しておく方がお得です。将来的にFTXがシェア率を獲得していけば、自然とトークンの価値も高まっていくでしょう。

FTTの年内価格予想

FTTの競合としては、同じく取引所トークンであるBNBなどが挙げられます。

そのため、FTTの価格が高騰するためには、今後FTXがどれほど魅力的なサービスを展開するかにかかっています。FTXではすでにFTTのステーキングなどを開始しており、多くの流動性を維持しておりますが、エコシステム自体は未だ発展途上です。

今後イーサリアムネットワークやBSCより質の高いエコシステムを構築することができれば、FTTの価格は高騰するでしょう。

FTT購入におすすめの取引所

FTT購入におすすめの取引所は「FTX」です。

FTXなら、

  • デリバティブ取引高世界第2位
  • FTT保有で割引あり
  • 登録はわずか1分ほど

7位:SRM(セラム)

SRMの基本情報(2021年9月時点)

通貨名(通貨単位) Serum(SRM)
時価総額 約490億円(第142位)
1日あたりの取引量 約500億円
購入可能な取引所

セラムはこんな人にオススメ

  • 注目度の高い草コインを保有したい人
  • DEXとしての将来性に期待している人

セラムとはProject Serumが開発を進める分散型取引所(DEX)です。
取引所トークンであるSRMは、DEX内での手数料支払いや割引などに利用されます。

FTX上場直後、トークンセールの10倍を達成するなど注目度の高さがうかがえます。

セラムはブロックチェーン「Solana」を利用することで、手数料の安さ・迅速な処理速度を実現しています。
Solanaはクロスチェーン型として、イーサリアムに取って代わる新たなブロックチェーンとして期待されており、すでに多くの組織とパートナーシップが予定されています。

今後の期待値でいうと、SRMは非常に高い可能性を秘めていると言えるでしょう。

↓SRMの詳細はこちらから↓

セラムの年内価格予想

SRMを発行する分散型取引所Serumはまだまだ発展途上のため、予想されるリターンは非常に大きいです。

しかし、現状でより人気な競合の分散型取引所が多数存在するため、価格が必ずしも高騰するとは言い切れません。

SRM購入におすすめの取引所

SRM購入におすすめの取引所は「Binance」です。

Binanceなら、

  • 取引高世界ナンバーワン
  • 取り扱い通貨数は100種類以上
  • 取引手数料はわずか0.1%
  • 登録は最短5分で完了

8位:DOT(ポルカドット)

DOTの基本情報(2021年9月時点)

通貨名(通貨単位) Polkadot(DOT)
時価総額 約3兆円(第9位)
1日あたりの取引量 約3300億円
1DOTの価格 約3500円
購入可能な取引所


DOTはこんな人にオススメ!

  • 国内の取引所で今すぐ買いたい人
  • 最先端のブロックチェーン技術に興味がある人
  • 開発者の質を重視する人

DOTは、異なるブロックチェーン間に相互互換性を持たせるプロジェクト「Polkadot」内で基軸通貨として用いられる仮想通貨です。

例えば、BTCはイーサリアムネットワーク上でそのまま使用することは不可能ですが、Polkadotを介すことで、より早く、より安い値段でBTCをイーサリアムネットワークに移す事が可能になします。

さらに、PolkadotはコンセンサスアルゴリズムにNPoSを採用しており、ユーザーはプラットフォーム上にてステーキングに参加することが出来ます。
Polkadotでのステーキング利率は年間で17%を超えるものもあり、非常に人気な投資対象となっています。

↓DOTの詳細はこちらから↓

DOTの年内価格予想

DOTの仮想通貨全体の時価総額に連動する傾向があり、安定して価格を伸ばし続ける事が予想されます。

すでに十分価値を認められているため、さらに急上昇する可能性は低いとも言えるでしょう。

DOT購入におすすめの取引所

DOT購入におすすめの取引所は「GMOコイン」です。

GMOコインなら、

  • 各種手数料(取引、入出金、送金)が無料
  • 取り扱い通貨数は13種類
  • 運営会社の信頼度が高い
  • 登録は最短5分で完了

最短即日

9位:SUSHI(スシスワップ)

SUSHIの基本情報(2021年9月時点)

通貨名(通貨単位) SushiSwap(SUSHI)
時価総額 約1800億円(第75位)
1日あたりの取引量 約550億円
購入可能な取引所

SUSHIはこんな人にオススメ

  • DEXでの資産運用に興味がある人
  • 流動性マイニングで破格の金利収入を得たい人
  • ユニークな仮想通貨を入手したい人

SUSHI(SushiSwap)は、2020年8月にイーサリアム上でローンチされた分散型取引所(DEX)です。

比較的最近できた仮想通貨取引所に関わらず、非常に高い人気を博しており、総ロック数(TVL)では分散型取引所全体で3位にもなりました。

仕組み自体はUniswapとほとんど同じですが、「運用方法の豊富さ」の面でより優れていると言って良いでしょう。

例えば、SushiSwapでは流動性マイニングに参加することが可能です。
SushiSwapの流動性マイニングにおける年間利回り(APY)は、200%を超えるものもあり、新たな資産運用対象として注目を集めていました。

取引所のユーザー数増加に伴い、価格も上昇することが予想されるため、非常に人気な投資対象となっています。

↓SUSHIの詳細はこちらから↓

SUSHIの年内価格予想

SUSHIは競合との差別化を図るため、様々な独自サービスを提供しています。その先進性によって取引所の規模が拡大していけば、リターンは大きなものとなるでしょう。

SUSHI購入におすすめの取引所:Binance

SUSHI購入におすすめの取引所は「Binance」です。

Binanceなら、

  • 取引高世界ナンバーワン
  • 取り扱い通貨数は100種類以上
  • 取引手数料はわずか0.1%
  • 登録は最短5分で完了

10位:LINK(チェーンリンク)

チェーンリンク

LINKの基本情報(2021年9月時点)

通貨名(通貨単位) Chainlink(LINK)
時価総額 約1.4兆円(第11位)
1日あたりの取引量 約2000億円
購入可能な取引所

LINKはこんな人にオススメ

  • スマートコントラクト技術に興味がある人向け
  • 仮想通貨業界全体を活性化させるトークンに興味がある人向け

LINK(ChainLink)は、SmartContract社によって開発された、異なるブロックチェーン間での橋渡しの役目をもつプロジェクトです。

LINK最大の特徴としては、ブロックチェーンシステムと外部システムを繋ぎ合わせることができるという点が挙げられます。

例えば、管理者のいないブロックチェーンを用いているDEXでは、仮想通貨価格などの情報を外部からとってくる必要があります。その際にChainLinkを介すことで、データの信頼性を保つことが出来ます。

よって、このプロジェクトはブロックチェーンエコシステムのサービスをより向上させる影響を与えるため、これからも人気を高めていく事が予想されます。

↓LINKの詳細はこちらから↓

LINKの年内価格予想

LINKの価格が急騰する場合としては、より多くの金融機関とのでLINKが用いられる必要があります。それは即ち、既存の金融基盤を変えてしまうということになるので、まだ先の話かもしれません。

LINK購入におすすめの取引所:Binance

LINK購入におすすめの取引所は「Binance」です。

Binanceなら、

  • 取引高世界ナンバーワン
  • 取り扱い通貨数は100種類以上
  • 取引手数料はわずか0.1%
  • 登録は最短5分で完了

将来性のあるオススメ仮想通貨を見つける方法

将来性のある銘柄を見つけるには
5つの評価項目に注目しよう

仮想通貨(暗号資産)投資で利益を獲得するには、コインの特徴を捉えることが大切です。

しかし「暗号資産の何を見れば良いの?」と疑問に思いますよね?

コインパートナーでは、暗号資産を5つの項目で評価しています。
このパートでは、それぞれの項目を見るときのポイント・コツをご紹介していきます!

将来性のあるオススメ仮想通貨を見つける方法①流動性/市場要因

将来性のあるオススメ仮想通貨の探し方①

流動性/市場要因の評価ポイント

  • ウォレット数
  • TOP100の保有率
  • TwitterとRedditのフォロワー・購読数

仮想通貨を評価するのに「市場/流動性」を見るのは、売買成立のしやすさと利益獲得の機会が広がるからです。

暗号資産業界では、流動性が高い市場ほど売買が成立しやすいです。
そのため、利益を獲得できるチャンスも増えます

市場/流動性を見ることで売買成立がしやすいので利益獲得の機会が広がり、売買コストが抑えられるかも分かります。

将来性のあるオススメ仮想通貨を見つける方法②ブロックチェーンの性能

将来性のあるオススメ仮想通貨の探し方②

ブロックチェーン性能の評価ポイントは

  • アルゴリズムの種類
  • ブロックチェーンの種類
  • ハッシュアルゴリズム
  • ハッシュレート
  • ブロックの生成速度(秒)
  • セカンドレイヤーの有無

暗号資産を評価するのに「ブロックチェーンの性能」を見る理由は、暗号資産において核となる技術だからです。

ブロックチェーンの性能が良いほど、暗号資産のビジョンを実現できる力があるといえます。
そしてビジョンを実現できる力があるほど、ユーザーは増えやすくなります。

ブロックチェーンという暗号資産における核となる技術を評価することで、価格が上がる可能性を秘めているのかがわかります。

将来性のあるオススメ仮想通貨を見つける方法③将来性

将来性のあるオススメ仮想通貨の探し方③

将来性の評価ポイントは

  • ブロックチェーンである理由
  • ターゲット市場がイケてるか
  • 競合の有無
  • 既存のものを運用しているのか
  • 現在の状況

将来性を評価するのに上記5つを見ることで、今後その暗号資産が伸びるかを判断することができます。

特に、

  • 暗号資産そのもの
  • 暗号資産が狙っている市場

の2軸に注目することで、将来性を評価することができます。

将来性のあるオススメ仮想通貨を見つける方法④開発力

将来性のあるオススメ仮想通貨の探し方④

開発力の評価ポイントは

  • CEOについて
  • CTOについて
  • 重要人物について 
  • アドバイザーについて
  • 提携企業・大学について
  • Githubの状況

暗号資産を評価するのに「開発力」を見る理由は、そのトークン・プロジェクトがビジョンを実現できるか判断するためです。

暗号資産のプロジェクトビジョンを達成できるかを判断するのに、2つの視点で考えましょう

他にもGithubの状況を確認することで、判断ができます。
プロジェクトによっては開発が止まってしまうものもあるので、Githubの状況は確認した方が良いでしょう。

将来性のあるオススメ暗号資産を見つける方法⑤スキーム

将来性のあるオススメ仮想通貨の探し方⑤

スキームの評価ポイントは

  • コンプライアンスはどうか
  • 価格ボラティリティ
  • ICO/STOの有無
  • 財務・法務関連のスキーム
  • ターゲット市場の規制具合

暗号資産でスキームを評価する理由は、日本国内で上場ができる力を持っているのかを見るためです。

スキームの評価が悪いと開発の進みが遅かったり、法律に引っ掛かるのでそもそも上場できない、ということがあります。

逆にスキームの評価が高いと、違法性が低いのでホワイトペーパー通りに開発が進みやすく、上場できる可能性が高いので価格も上昇しやすいです。

スキームを見ることで、市場で有利に開発を進めることができるのかがわかります。

仮想通貨で利益を最大化するための4つのポイント

仮想通貨で利益最大化のポイント①金利を得る

仮想通貨で利益を最大化する方法①

暗号資産で利益を最大化するポイント1つ目は「ステーキングやレンディングを使って、金利を得る」です。

ステーキングとは、保有する暗号資産のブロックチェーンネットワークに貢献することで、報酬として金利が得られる仕組みです。
レンディングとは、保有する暗号資産を第三者に貸し出して、金利を得られる仕組みです。

暗号資産取引では、勝負を仕掛けるときまでガチホすることがほとんど。
そのため多くの場合、暗号資産を保有する期間は長くなります

この時間を、ステーキング・レンディングサービスを活用することで、金利を得ると良いでしょう。

仮想通貨で利益最大化のポイント②ウォレットに移して安全に保管する

仮想通貨で利益を最大化する方法②

暗号資産で利益を最大化するポイント2つ目は「ウォレットに移して安全に保管する」です。
厳密には「利益を増やす方法」ではなく、「 増やした資産を守る方法 」としてウォレットを紹介します。

取引所に暗号資産を置いたままにしておくと、様々なリスクを伴います。
例えば取引所のハッキングリスクや、倒産時にお金を引き出せなくなるリスクなどが挙げられます。

そのため、自分で自分の暗号資産(仮想通貨)を管理できる「 ウォレット 」 を使うことを推奨します。
特にオフラインで暗号資産(仮想通貨)を管理できる「コールドウォレット」はハッキングへの耐性がとても高くおすすめです。

仮想通貨で利益最大化のポイント③ガチホする

仮想通貨投資で利益を最大化するためのポイント③

暗号資産で利益を最大化するポイント3つ目は「ガチホする」です。
暗号資産取引で、知らず知らずのうちに「取引手数料による損」をしがちです。

手数料は主に

  • 入金手数料:日本円を取引所に入金する時にかかる
  • 出金手数料:取引所にある日本円を銀行口座に出金する時にかかる
  • 送金手数料:暗号資産を他の取引所・ウォレットに送金する時にかかる
  • 売買手数料:暗号資産を売買する時にかかる

の4種類があります。

この手数料による損失を抑えるために、いざという時までガチホすることをオススメします。

仮想通貨で利益最大化のポイント④分析して最高のタイミングで売買

仮想通貨投資で利益を最大化するポイント④

暗号資産で利益を最大化するポイント4つ目は「様々な分析をして最高のタイミングで売買する」です。

暗号資産取引では、買値と売値の差額によって利益を出します。
そのため利益を大きく出すには、価格の変化を予想することが必要不可欠です。

価格予想をするには「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」の2種類の分析方法が用いられます。
両方の分析法を駆使すれば、高確率で価格の変化を予想することができます!

初心者にオススメ!テクニカル分析

サロン

テクニカル分析とは、過去のチャート形やパターンを元に価格の推移を予測する分析方法です。

この分析方法では、数学的データを基とするテクニカル指標を活用します。
株のチャートと利用するものは同じなので、書籍・ウェブサイトで調べられるでしょう。

そこでオススメなのはコインパートナーの無料サロンです。
ここでは、テクニカル指標の使い方を徹底的に学ぶことができます。

追加料金なし、無料で使い続けられるのでまずは試しに使ってみることをオススメします!

まずは無料で学ぼう

慣れてきたら!ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析とは、社会事象をもとに価格の変化を予測する方法です。

この分析の重要なのは

  • 暗号資産の最新情報を入手すること
  • 入手した情報を活かせるだけの暗号資産への理解を持つこと 

の2つです。

暗号資産の最新情報は、基本的に日本よりも海外の方が早いです。
そのため、グーグル自動翻訳を使いながら海外の情報サイトを利用すると良いでしょう。

これから伸びるコインTop10まとめ

いかがでしたか?

今回は

をご紹介してきました。

これでオススメ仮想通貨を見つけることができたのではないでしょうか?

将来性が高い銘柄の中には、DEX(分散型取引所)やDeFiなど比較的新しい銘柄が多くありました。
またBTCやETHなど国内上場銘柄も、オススメです。

2021年もBTCを筆頭に、暗号資産業界が盛り上がりを見せています。
ぜひこの波に乗って、利益を出しましょう。

最短即日